Qortex ブログリレー

さまざまなフィールドで活躍する皆さまに、リレー方式でさまざまな話題をご提供いただきます。ときどきQortexニュースもお邪魔します!

  • コミュニケーション活性化、の前に。

    Maki Oka

    2015年5月13日 12:40

    良いコミュニケーションって結局相手が求めている情報をちゃんとキャチボールできるかどうかじゃないかな、と思った一件。

    ランチの後、お天気が良かったのでプラプラと街をお散歩していたところ、紅茶専門店を発見。ちょうど茶葉が切れていたし、帰りにケーキを買おうと思っていたので一緒にいただこう!と思って店内へ。

    専門店らしくたくさんの種類の紅茶がキレイに並べられています。それぞれには○○農園、とかファーストとかセカンドといった指標のメモ書きが。おのぼりさん的に専門店に入ってしまった私には、それが何を示すのかが分かりません。そこで店員さんにお伺いすることに。

    「いろいろ農園がありますね。その中でもファーストとセカンドってありますが、何が違うのですか?」
    「味です。」
    「・・・。」

    いや、それはそうでしょう…。私の質問の仕方も悪かったのかもしれません。何が?と聞いてしまったので答えとなり得る内容が広すぎるのでしょう。もしくは明らかに初心者的な質問でうんざりしてしまったのかもしれません。

    ですが、専門店に入って紅茶を購入しようというからには、ある程度の目的や要望があると分かってもらえてると期待してしまいませんか?「ファーストはクセが少ないですよ、セカンドは渋めですよ。」などなど。その上で「チョコレートケーキ系だとセカンドがオススメですよ。」というような一言がいただければ更に嬉しいですよね。

    良いコミュニケーションを実現するには想像力が必要です。相手が何を望んでいるのか、どこまでの情報が必要なのか、どのように伝えれば分かりやすいのか、などなど。。。

    コミュニケーションの方法に正解はありません。しかし、相手のことを考える必要がある、ということは確かです。Qortexなどのコミュニケーションツールはとても便利です。ですが、電子メセージであることを認識しなければ、顔を突き合わせてのコミュニケーションより更に一方通行になってしまいます。ITツールを利用したコミュニケーションには、相手への思いやりを少しだけ多く持って実践してもらえると更に上手に活かしていただけるかな、と思います。

  • 時は金なり

    ゲストBlog

    2015年4月20日 13:20

    時間はお金と同じように大切な価値がある。無駄にしてはいけない。
    というような意味のことわざです。

    言うまでもなく、時間は有限であって無限にはありません。無駄な時間を過ごすのはもったいない話です。。。と、頭では分かっていても集中力が途切れて、ついついFacebookを見てしまったり、ネットサーフィンしてしまったり、横道に逸れてしまう事ってありますよね?(少なくとも自分は度々。。。)
    まあ、好きなことなら集中力も持続するかもしれませんが、好きなことばかりやっているわけには行かない。。。でも、好きではないことは集中力が続かない。。。それはもう悪循環としか言いようがありません。

    そんな状況を打破するための方法として、ポモドーロというテクニックをご存知でしょうか?どのようなものかと言いますと、
    【25分やる ⇒ 5分休む】
    を繰り返し、何回目かに長目の休憩(15~30分)をとるという、至ってシンプルな時間管理のテクニックです。

    ポモドーロは短いダッシュを繰り返すことで、高い生産性と集中力をキープします。また、規則的に休憩をとることで、モチベーションを維持することが可能となります。実際に自分も実行していますが、かなり集中して仕事にかかることができています。

    ポモドーロの名前の由来はトマト型のキッチンタイマーからきているそうで、本来はキッチンタイマーを使ってやるのが本流だそうです。事務所にキッチンタイマー持ってないしわざわざ買うのは面倒だなぁと思っていたのですが、各種アプリやwebツールがありますので即始めることが可能です。

    どのような業種の方にでも使える方法では無いとは思いますが、時間管理や集中力を持続したい方は一度試してみてはいかがでしょうか?


    <作者プロフィール>

    落合 孝明

    ものづくりでお悩みの方はご相談ください。
    ※ こんなものがほしい。
    ※ こんなものが作れないか。
    ※ こんなアイデアがあるんだけど。
    まずはお話をお聞かせください。「金型設計 モールドテック」で検索!


    落合さんの会社はこちら!

    株式会社モールドテックhttp://www.pluto.dti.ne.jp/~m-tec/

  • 日本語とスタンプ

    Maki Oka

    2015年4月17日 16:34

    先日、Qortexをご紹介するためお伺いした社長さんがおっしゃられていたことにちょっとだけビックリ。

    これからはQortexのようなSNSタイプのコミュニケーションツールが会社でもメインになってくるかもしれないよね、とおっしゃっていただきました。そこで早速、どのように社内に落とし込むかという相談をしていたときのこと。「まぁさ、メールが出てきた時は、手書きじゃなかったら気持ちが伝わらないからダメだっ!て言って導入反対するスタッフも結構いたからね。」

    えっ!?と思わず素で驚いてしまいました。でも確かに納得ですよね。FAXまでは、あくまで手書きを送る、という前提だったのに、いきなり無機質な電子文字が飛んでくるわけですから気持ち悪いですよね。手書きにはやはり「味」があります。特に日本語の場合、言葉以外に含まれている行間を読むことも含めて「届く」ことが大切です。

    すごく個人的な見解ですが、LINEのスタンプがすごい勢いで広まって成功したのは、そういった日本語独特の行間を上手に電子で表現できたからじゃないかな、と思っています。そもそもこういう顔文字→(^_^)/も他の国では日本ほどのバラエティはないですよね。(中国人スタッフに何回か、こういう感情はどうやって顔文字するの?と聞かれたことも。)単にマンガやオタク文化ということではなく、電子文字で伝わらない部分をうまく伝えようとした結果ではないかという気がしますが、いかがでしょうか。

  • 开放式交流会为您带来什么

    Kilian Muster

    2015年2月19日 14:21

    开放式交流

    近来我们在twitter上发布了许多关于开放式交流的链接。在此我们将列出几个要点。

    透露了我的秘密?

    有人认为,他们囤积的知识给予他们力量。诚然,但这样会减少整个团队的知识吗?这样的“力量”对整个团队是不利的。

    通往星空之路困难丛生

    将工作的内容和他人交流、分享,您会更严谨地检查内容,起初可能会感到害怕,但您会发现得到更多的反馈,同时这也帮助你更好地提高工作质量。而且您还会发现,人们并没有想象中那么关心您的一举一动。

    在一个习惯于开放式沟通的组织中,擅离职守、未好好完成工作内容的人很快便会被发现。对于后进生来说,这是可怕的,对于CEO来说,这确实极好的。然而这于惩罚和羞耻无关,了解自己的短处是提高自身的第一步。

    除此之外,您可以更好的抓住空闲的时间,保证每个人都发挥最大的潜能。(人们辞职很大部分原因是因为工作的挑战性不够,得到的赞赏度不够)。同样的,如果有人超负荷工作,您可以分散工作任务帮助他们。

    人类最古老的成功秘诀

    不在团队中共享的信息,也基本会被其他的人带走。通过共享,每个人都能从您的知识中获益。知识共享让人类从原始发展到文明,让我们变成了这个星球上最具智慧的物种。

    这代表着对人们囤积知识还是共享知识的区分,为任何公司甚至社群都带来更多的好处。开放式交流提供更多共享知识的机会,在您通常并不涉及的领域,您也可以做出贡献。

    开放交流越多,您会得到越多的信用以及对工作的认可(领导想要挪用下属的想法便更难了)。有了开放式交流,您终于在公司有发声的机会了,这对工作的积极性有着神奇的推动作用。

    当您知道公司正在经历些什么时,您会对集体更有归属感。作为整个组织的一员,您不会觉得您是在做被要求的事,而是自己工作的掌控者。

    另一个实现开放交流的方法是扁平化层级。团队的成员在平等的阶级中才能让整个团队更好地工作。身陷严格的官僚阶级结构中,阻碍交流,影响决策,对于敏捷开发者来说非常不好。开放式交流是平衡的层次结构,能创造更团结、更富有成效的工作方式。

  • 正確なコミュニケーションの為に学んだこと

    ゲストBlog

    2014年10月30日 12:13

    三軒茶屋の「Retra リトラ」という整体・トレーニングサロンでNo.2を務めております宇佐美と申します。この度は、ブログリレーに僕のような若輩者をお招きいただきありがとうございます。

    僕がスタッフとのコミュニケーション(会話ではなく、考えのやりとり)において常に意識しているのは「相手の意図・本質を見抜くこと」です。皆さんもコミュニケーションや人間関係を築く中で、

    ● あの人にこんなこと言われた!
    ● あんな言い方って無いと思わない?
    ● よくそんな事言えるよね…

    というような状況に遭遇することがあるかと思います。実はこの時に大切なのは、言葉そのものよりも「何を考え伝えようとしているのだろう」と捉えることです。とはいえ、人はつい「言葉」という音声に過敏に反応してしまいます。

    例えば、門限を守らなかった子供に対して親が怒る場合。この時、親の意図としては子供が嫌いで憎くて怒りの感情を出しているわけではなく、親心として心配だから怒っているわけです。しかし、子供は親の意図よりも感情・言葉・表情を捉えてしまい、「あんな父は大嫌い!口も聞きたくない!」となり、親も「何度言えば分かるんだ!」とすれ違いが生じて破壊的な考えになってしまうのです。

    コミュニケーションは送る側はもちろんですが、それを正確に理解するためには、受け取る側にも高い能力が必要である、ということを学びました。それにより、

    ★ 自身が反応しなくなる。(怒り、不安、動揺)
    ★ 相手の本当の意図が汲み取れる。
    ★ 相手から与えられるストレスが軽くなる。
    ★ 冷静に返答を考えられる。
    ★ お互いの考えに誤解が生じなくなり、円滑なやり取りが出来る。

    コミュニケーション=会話ではありません。電話、メール、文通、手話、アイコンタクト、モールス信号、交換日記(笑)。様々な方法でやり取りは出来ますが、同じ言葉や表現でも表情・感情・仕草によって全く意図が異なるケースも少なくありません。仕事上でもメモ書きやメールでやりとりする中で、「相手と面と向かって話し合うこと」が大切な時があることも忘れてはいけません。家族、仲間、そしてパートナーへの愛情表現や感謝の想いは、ときどきちゃんと眼を見て伝えてあげる機会も必要ではないでしょうか。


    <作者プロフィール>

    宇佐美 博章

    パーソナルトレーナー兼整体師。三軒茶屋Retraリトラ所属。現代表の右腕として独立起業に携わり、最幸の仲間と成幸するために夢と情熱と決意を持って活動中。


    宇佐美さんのサロンはこちら!

    三軒茶屋 Retrahttp://www.retra-r.com/

前の記事を読む