Qortexでチームコミュニケーション

つながり・創造・成果 無料で試してみる

メッセージに優先順位を

メールは私たちの都合に構わず送信されてきます。その内容が自分に関係があるかないかは、メールを開くまで分かりません。

フィルタリングや振り分け機能を利用すれば、ある程度コントロールすることができるかもしれません。でも皆さんも、一件ずつ確認して自分が読む必要のあるものから対応していたら、気づけば1日が無駄に終わってしまっていた、なんていう経験があるのではないですか?


  • では解決方法は?

    Qortexでは、自動的にコミュニケーションがグループごとに行われるよう構築されています。プロジェクトごと、部署ごと、 クライアントごとなど、どのようなグループ分けにするかは皆さん次第です。Qortexのグループ分けの特徴は、各グループの活動をフォローするかしないかの決定権が自分にある、という点です。さらに、そのフォロー設定はいつでも変更することができ、変更したタイミングで該当するグループ内にシェアされている全ての情報にアクセスできるようになります。

    エントリーやコメントは、作成された時点で正しくグループ分けされ、新着通知はグループをフォローしているメンバーにのみ送信されます。

  • もうCCは不要です。

    大切な人を忘れてないか、本当にこんな上役の人に送ってしまって良いのか不安に思いつつ、情報共有のためにとCCにメールアドレスをどんどん追加していませんか?CCに入っている人たちが更に関連すると思われる人をCCに追加して、気づけば何十人もがCC欄に増えていませんか?今送ろうとしているそのメッセージは、何十人全員にとって本当に必要な情報なのでしょうか。

    Qortexではこのような心配は必要ありません。無駄な情報に煩わされずに意味のあるコミュニケーションが円滑にそして積極的に行われることでしょう。

タスクを管理する

他のメンバーに仕事を振ったあとも進捗のフォローアップは必要ですよね。Qortexでは、メンバーにお願いしたTo-Doの作業時間見積り、現在の状況確認、実作業時間のトラッキングなどを利用してタスクを包括的に管理することができます。


  • 進捗状況も一目でわかる

    グループページでは、作業中のTo-Doや他のチームメンバーに作成したTo-Doがすべて表示されます。また、各To-Doの進捗状況も確認することができます。

    To-Doについてメンバーに聞きたいことがあれば、エントリー内で質問することができるので、このTo-Doに関連する情報はすべて1ヶ所にまとめることができます。また、各グループのワークフローをカスタマイズすることも可能です。詳しくはタスクマネジメントページをご覧ください。

情報に囲まれた毎日に疲れていませんか?

メールの量と同様にQortexのエントリーやコメント量がストレスにならないよう、Qortexは新着、未読分のみを表示させることで、メッセージを整理整頓してお届けします。


  • 情報に優先順位を

    Qortexでは、既読エントリーは収縮され、新着情報だけが読めるよう自動的に情報が整理されています。例えば、既に読んだエントリーに新しくコメントが付いた場合、新着コメントとエントリーのタイトルのみが表示され、オリジナルのエントリー内容は表示されません。

    新しい情報だけを表示して、既読のエントリーやコメントは隠されます。

    このため、情報量がストレスにならず、簡単に新着情報をキャッチできます。もちろん既読分もクリック一つで再度表示が可能です。画面に表示されているもの = あなたが読む必要があるもの、というシンプルな構成になっています。


コミュニケーションのボリューム調整を

プロジェクトで自分の担当エリアが終了したとき、またフォローしているグループの情報内容が業務に関連しなくなったとき、個人設定ページからグループのフォローを停止してください。それらのグループからの情報は、あなたのMy ニュース内にもう流れてきません。

  • グループからの新着情報が不要になれば、グループのフォローを停止するだけでOK。そのグループ内で、あなたがコメントしたエントリーに対する新着通知も、通知停止機能を利用すれば簡単に止めることができます。また、Qortexから送信される更新のお知らせメールは、未読分のみに限り配信されます。

  • 慈善活動をサポート

    NPO法人、ならびにその他慈善活動を目的に活動されている企業・団体さまのQortexご利用につきましては、弊社の活動支援の一部として特別価格でQortexをご提供いたします。どうぞお気軽にご相談ください。

  • 最新のQortexブログ

    良いコミュニケーションって結局相手が求めている情報をちゃんとキャチボールできるかどうかじゃないかな、と思った一件。 ランチの後、お天気が良かったのでプラプラと街をお散歩していたところ、紅茶専門店を発見。ちょうど茶葉が切 […]